質問

『目的意識が低いったって、じゃあ、どうすりゃいいのでしょうか?』

回答

「自問自答してみましょう。」

以前、集中力を高めるためには、目的意識を高めることが近道だというようなことを書きました。それについて様々なご意見をいただきましたので、補足説明並びに実例を紹介したいと思います。


私が「集中できないのは、目的意識が低いからです」というように言っているのには、実は二つの意味があります。

>>> 「集中力を発揮するために、もっと目的意識を高めてください」

というのと、もう一つは、

>>> 「もしかしたら、それはあなたが本当にやりたいことではないのではないですか?もし、他にもっとやりたいことがあるのなら、そちらに力を注ぐべきではないでしょうか?」

という意味です。


例えば、この先"絶対に"英語を使う機会がないであろうという人は、いくら世間で英語をやっておいた方がいいという人が多くいても、その人にとっては必要のない勉強で、だったら無理して英語をやるより、他にもっとやりたいこと、役立ちそうなことをやったらいいのでは?という気がしますよね。

英語となると多くの人にとって必要性が高いので、ピンとこないところもあるかもしれませんが、例えば、「もっといい仕事に転職したいなぁ~」という理由で、コンピューター関連のことは好きでもないのに、雑誌で載っていたからという理由だけで、とりあえずシスアドの資格試験の勉強をしている方もいらっしゃいます。

やっているうちに好きになってくるならいいのですが、結局好きになれないのなら、シスアドの資格を活かして転職できても、おそらくあまり好きでもないコンピューター関連の仕事をやることになってしまいます。本当にそれでいいの?という感じがしますよね。

この様に、何となく、漠然とした「やりたいなぁ~」としか思いつかない場合、本当にやりたいことなのかどうか、もっと突き詰めて考える必要があるということです。


>>> 「やる必要ないんじゃないの?」

>>> 「本当に必要なの?」

>>> 「なんで?」

という立場に立ってみて自問自答してみるのです。

深く突き詰めてみれば、「大してやりたいわけでもないな。」「今やらなくてもいいな。」という結論になるかもしれませんし、
「やっぱり、○○だからやりたいんだ!!」と、具体的に目的がハッキリするかもしれません。

慣れないと、この「自問」が難しいのですが、多くの方は、私が少しお手伝いしてあげればご自身でキチンと目的を見つけることができます。


何も高尚な目的である必要はなく、あなた自身が心から納得できる理由があればいいのです。

ただ「英語を話せたらいいなぁ~」だけではなく「英語が話せる姿を見せつけて、会社の女の子から尊敬の目で見られたい!」(あくまで、たとえばの話です)というのが本心だとわかれば、ヤル気は違ってくると思います。

もっと深く追求してみると、
「なんだ、女の子に注目されたいだけではないか。それなら、自分の得意分野で勝負すればいいではないか?何が得意だろう?将棋は好きだなぁ・・・でも、あの子達に将棋で注目されるだろうか・・・?そうか、チェスだったら、似たようなものかもしれないから、チェスをまず勉強しよう、それで、社内でチェスの講習会かなんかやって、大会をやってしまえばいいんだ!よし!チェスに燃えるぞぉ~!!」

そんな風に方向が全く変わってしまうかもしれません。いいんです、変わったって。真の目的が達成できれば(笑)

それがきっかけで全日本チェス大会に出場するほどになってしまうかもしれませんし、それがきっかけで素敵なご縁に恵まれるかもしれませんし・・・はたまたそれまでの人生を本にして、「チェスが人生を変えた」なんていうタイトルの本にして出版したら、たまたま売れてしまって、印税が入るわ、講演を頼まれるようになるわ、チェス協会から表彰されるわ・・・こういう考え方が出きる人を巷では「おめでたい人」というらしいですが・・・


話はそれてしまいましたが、私が思うに、目的意識を明確にするのはそれ程難しいことではございません。そのうえで、勉強に取り組む姿勢が「自分の知識が増えていくのが楽しいからやっているんです」という境地まで達することが出きれば、どんな分野でも楽しく勉強できるのでしょうね。

Q&A

講師紹介

獣医師・獣医学博士 1969年山形県生まれ 須崎動物病院院長

略 歴

獣医師・獣医学博士。1969年山形県生まれ。須崎動物病院院長。「薬を処方しない、手術しない、ワクチンを接種しない」方針で、食事療法や飼い主のメンタルケアなどを通してペットの体質改善を行う。ペットの手作り食に関する書籍は10万部を突破し、TV番組にもレギュラー出演。一方、元速読教室インストラクターという経歴を持ち、現在は総合学習力強化プログラム「シルバメソッド」の公認インストラクターとしても活躍中。メールマガジン「今日から出来る!集中力を高めるコツ」はまぐまぐ殿堂入り。集中力関連本としては、「ミス・ムダがゼロになる『集中力』」「5分間集中力トレーニング」、「勉強に集中する方法」を出版。2008年1月、ペット食育協会を設立。2008年4月より九州保健福祉大学 薬学部 動物生命薬科学科の客員教授に就任。

主な実績

集中力を高める方法メルマガ

セミナー

リンク

書籍紹介

メールマガジン

有限会社RTK
193-0833
東京都八王子市めじろ台2-1-1-A310
Tel:042-629-3330