質問 『速読・フォトリーディングができないのですが<

最近速読の本が増えてきていますが、それぞれが何となく違うと思うのですが、ハッキリとした違いはわかりません。先生は速読について、どう思われますか?

回答

 速読のご質問が最近多いです。

質問の内容を大別すると、
●それぞれの違いは?
●一番良い方法は?
●本当に身に付くのか?
この三点です。

■違いは?
 速読というのは、何を持って速読とするかという「定義」がありません。ですから、各教室、団体が様々な手法で行っているようです。大別すると次のような特徴があります。

 ●スキャニングしていく方法
 ●写真のように焼き付ける方法
 ●目に飛び込んできた単語を頭でつなげる方法
 ●一字一句を高速で順番に読んでいく方法

■一番良い方法は?
 この質問が非常に多いのですが、それは各教室で定義がバラバラですので、比較のしようがありません。日本で一番良い所はどこですか?という質問に似ていますね。北海道には北海道の良さがあり、沖縄には沖縄の良さがある。だから、北海道の良さを教えてくださいといわれればいろいろ言えますが、日本で一番良いところは?は答えられない・・・というのと似ています。

 ここで大切なのは、「私にとって一番しっくり来る方法はどれか?」ということです。それを決めた上で選ばれるといいと思います。

 もちろん、受講しているうちに考えが変わることもあるかもしれませんが、そのときには方向を変えればいいと思います。

■本当に身に付くのか?
 身に付きます。ただ、インストラクター次第ということではないでしょうか?テクニックだけにこだわるところでは難しいと思います。かといって、必ずしも不可能というわけではありません。

 速読は「読書」ですから、「高速で理解できる頭脳」を開発しなければなりません。「理解」は意識活動ですから、意識のコントロールの指導までしてもらえるところが最高だと思います。

 あと、簡単に身に付くとは思って行かないことです。それなりに時間はかかります。

 特に、今まで読書週間の無かった人は、文字→理解の回路が未発達の可能性があるため、回路が回り始めるまで時間がかかる可能性があります。ちなみに私はそのタイプでした。ですから、受講して、復習をタップリして、また受講してと、時間がかかりました。

 これはあくまでも私の意見ですが、速読は決してテクニックだけではないと思っています。

「リラックスした集中」という意識状態を土台として成立する能力です。

 ですから、集中すると疲れるとか、緊張するという習慣のある方は、まずはその点を改善することが必要条件となるかもしれません。

 ひょっとしたら、その身体の使い方や意識の使い方を習得するのに私の様に2~3年という時間がかかることがあるかもしれません。しかし、人生80年というスパンで考えたら、身につけた後の知識習得スピードの加速を考えたら、あまり気にしなくてもいいレベルではないでしょうか?

 ちなみに、「リラックスした集中」が身に付けば、それだけで読書速度が2、3倍になる方は珍しくありません。まずはここを確実にできることをお薦めします。

 いずれにしても、速読の練習を通じて、頭や身体の使い方を覚えたり、集中力がアップしたりといううれしい効果もありますし、長い人生を考えたらあって損はない技術だと思いますので、できるまでトライしてみることは有益かと思います。

 余談ですが、私がもし突然過去にタイムスリップしてしまって、高校卒業の時点から人生やり直しになったとしたら、速読とシルバメソッドを1年間みっちりやって、その後の人生に臨む予定です(その記憶があったらの話ですが...)。

須崎恭彦

私が受講したのは次の2つ!
速読→NBS日本速読教育連盟
フォトリーディング→アドペンテル主催(大阪)

追伸:お役に立てそうならば、ぜひこちらもご参照下さい。
リラックスした集中をマスターしたい方には<シルバメソッド基礎コースをおすすめします
記憶力を高めたい方には、シルバメソッド卒業生コースをおすすめします
今以上に効率の良い勉強法をマスターしたい方には、「勉強の仕方講座」がオススメです。

Q&A

講師紹介

獣医師・獣医学博士 1969年山形県生まれ 須崎動物病院院長

略 歴

獣医師・獣医学博士。1969年山形県生まれ。須崎動物病院院長。「薬を処方しない、手術しない、ワクチンを接種しない」方針で、食事療法や飼い主のメンタルケアなどを通してペットの体質改善を行う。ペットの手作り食に関する書籍は10万部を突破し、TV番組にもレギュラー出演。一方、元速読教室インストラクターという経歴を持ち、現在は総合学習力強化プログラム「シルバメソッド」の公認インストラクターとしても活躍中。メールマガジン「今日から出来る!集中力を高めるコツ」はまぐまぐ殿堂入り。集中力関連本としては、「ミス・ムダがゼロになる『集中力』」「5分間集中力トレーニング」、「勉強に集中する方法」を出版。2008年1月、ペット食育協会を設立。2008年4月より九州保健福祉大学 薬学部 動物生命薬科学科の客員教授に就任。

主な実績

集中力を高める方法メルマガ

セミナー

リンク

書籍紹介

メールマガジン

有限会社RTK
193-0833
東京都八王子市めじろ台2-1-1-A310
Tel:042-629-3330